yularis tumblr

Instagram

                                     COLUMN : CRYSTAL

                One of my favorite  the Lemurian crystal from my collection / photo by TTYY 山の編集室

 

 

 

 

 

まず、彼らに尊敬の意を持ち続けながら共に暮らしていくという、わたしが自分の人生でみつけたとびきりのライフエッセンスをこうして多くの人びとにお伝えできることに感謝します。

そして、これからもかわらずこの地球上の人々と、そこに住まうひとりの者として、彼らの物語をお伝えする交流ができますように・・・

 

 

 

クリスタルとはいったいなにか...

 

この答えはきっと人々の物語の数に比例して、いくつもの煌めきをあらわし、移ろい変わりゆく四季のごとく、はたまた宇宙の星の欠片が生み出すあまたの奇跡に等しい神秘。

 

愛しい地球からの贈り物を、わたしたち人間はどのように扱っていき、またその恩恵をどのような形で慈しみ尊ぶべきなのか、時代が進化すればするほど彼らの智慧や力が大いなる導きのひとつになることをすでに私たちは感じ取っているはずです。

古の時からながらくの過程を経たこの現代でも、彼らのすばらしい力はなおに息衝き、人々を魅了しつづけるクリスタル。

 

ここでは、わたしなりの “ CRYSTAL STORY ” をお伝えしていきます

 

 

 

 

ー クリスタルのなりたちと歴史 : chapter1

 

地球はおよそ46億年前に誕生したといわれています。ガス雲や宇宙の塵から太陽系が生まれたときに地球も形づくられました。地球は主に、鉄・酸素・ケイ素・マグネシウム・微量の塩・水素・カリウム・アルミニウムなどでできています。このなかでも鉄分はおよそ32%も占めています。

そして、鉱物は地中に存在し、地球の「土台」を作っている構成要素であります。水晶は酸素とケイ素からできていて、二酸化ケイ素が結晶してできたものを石英などといい、六角柱状のきれいな自形結晶を成すことが多く、そのなかでも結晶形が明瞭なものが水晶とよばれています。水晶自体は、多くが無色透明で非常に透明度が高く、古来は水の結晶と考えられていました。

 

わたしは石たちのことを総称してクリスタルと読んでいますが、本来クリスタルの語源は『クリスタルス/透き通る氷』で、ギリシャ語の『氷』という名に由来します。和名は『水晶』であり、日本の国石でもあります。

 

古代からクリスタルと人間の関わりも非常に深く、人間と水晶の縁はおそらく一万年をさかのぼるといわれています。文献として残っているものとしては、ハーブや植物学・アロマテラピーを勉強された方ならご存知かと思います古代ギリシャの哲学者・植物学の祖:テオフラストスが紀元前四世紀に世界最古の鉱物の本を書かれたそうで、しかしこの本は失われてしまったそうです。

現存されている最も古い文献は、こちらも植物学の歴史にも登場するローマの博物学者:プリニウスが紀元一世紀77年に博物誌の中で記していて、鉱石のページもたくさんあるそうです。そのプリニウスがクリスタルの語源はクリスタルスと記しているのです。

現代の日本の鉱物学・地質学・鉱山学は1873年明治6年に設置された開成学校において、ドイツ人の鉱山技術士カール・シェンクが抗議を行ったことに始まっています。(開成学校は現在の東京大学の直接の前身機関の一つと見なされています。)

 

ー クリスタルのチカラ : chapter2

 

水晶(石英の結晶)の有名なパワーの一つに圧電効果というものがありますが、これは水晶に圧力を加えると電気を発生し、逆に電気を加えると非常に正確な振動をするという仕組みです。この性質を利用したものがクオーツ時計です。電気信号としても取り出せます。また水晶は屈折率が高く、虹を発生させます。
エネルギーの観点からいうとクリスタルはひとつとして同じエネルギーは存在しません。それは人間でも同じように、多種多様に個性やパワーが違います。クリスタルは大地の結晶でもあり色彩・光をもつバイブレーションメディスンです。
水といえば癒しと浄化のエネルギーです。そして水晶は私たちの日常生活を清浄に保ってくれる万能の浄化薬です。水晶を置くと空間の氣が軽くなり、気持ちも軽くなっていきます。
このように、人や場を浄化しますが、もうひとつ優れたことは、持つ人のエネルギーを増幅させるという特殊なチカラがあることです。そして、ものすごくこだわって水晶を選ぶのであれば、水晶は持つ人や置かれた場所の波動を転写するので、誰からもらうか、どこから持ってくるかがとても大切です。
粗末に扱われた石屋さんで購入するよりも、愛情をもって大切にされたもののほうが、ぐっと純粋度があがるのは当然ですよね。クリスタルは友達でもあり、教師でもあり、ときには記録係にもなります。アクセサリーにおいては他の石のパワーも増幅させるので一緒に使うと効果的な場合もあります。邪気を祓うというよりは、波動を上げて清浄に保つのが水晶の役割と言えます。産地によっては性質も繊細に異なり、特にヒマラヤ水晶はとりわけ力強いパワーがあることで有名です。
大地からのすばらしい贈り物である水晶などの鉱物...  
特定のクリスタルに惹かれることや、出会いは、なんらかの大きな意味を示します。
本来、私たちの持ち物は意味の在るものを指すもの。古来の生活では命の危機にさらされることが多く、そのころの人間はこの現代社会に生きる私たちの常識では考えられないほどの驚くべき優れた感覚を持っていたとされます。その感覚を維持したり、発達させたり、バランスをとるために、古来の人々は多くの種類のクリスタルを使っていました。そんなクリスタルの恩恵をわたしたちは敬意をもって愛でていきたいものですね...

 

 

 

 

映像は、2016年4月7日に台北で友人たちと行ったリトリートイベントのプロモーション作品です。

image film works by Pinti Zheng